マリン歯科は横須賀市久里浜の歯医者さん。インプラント・歯周病治療など。

046-833-3838
歯周病治療センター横須賀|久里浜・マリン歯科監修

診療Dr.マッキーの想い

スリランカ・スタディ・ツアー

絆ジャパンの笠原代表の計らいにより、大好き日本お助け歯隊の活動の一つとしてスリランカ・スタディ・ツアーに行ってきました。

活動の詳細はこちら

Dr.マッキーのボランティア奮闘記

2011年3月11日の東北大震災を目の当たりにし、ボランティアチーム・大好き日本お助け歯隊を作り活動を続けています。

活動記録の詳細はこちら
初診の方へ
久里浜地域密着情報
スタッフ募集
セミナー・講演活動
国民保険制度と歯科医療について
マリン歯科クレド
患者様アンケート
アンケート回答
マリン歯科携帯サイト

検査・診断

コーディネート
検査
予防
技術
維持・管理

歯科で取り扱っている病気は主にムシ歯菌歯周病です。
どちらの病気も大切な身体を失っていくうえ、完璧に元通りにするのはとても難しいものです。

また、お口のトラブルがおきてしまったという事は、必ずそれなりの原因があります。
歯科医院では、多くの場合、その原因を追求することなく、だいたいの傾向や経験から来るカンなどの少ない情報で治療をすすめてしまいがちです。
根本的な原因をそのままにして、表面上だけの治療を行っても、やがて再発し以前よりつらい状態になってしまったり、新たに別の箇所が悪くなってしまう可能性が高いのです。

たとえば、内科などでは、血液検査や尿検査、レントゲン撮影など様々な検査を行います。応急処置をしたとしても、いきなり治療にはいることはありません。 ムシ歯の治療をやったのにしばらくして再発してしまったという経験があるかたも多いかと思いますが、それは根本的な原因を解消できていないからなのです。

マリン歯科では、患者様のお口の健康を保つために、その原因の追求と解消を目的とした診療を進めるための精密検査にも力をいれています。原因がわかり、それが排除できるものなら取り除きましょう。歯科医院の治療で取り除けるもの、生活習慣など患者様が中心になってやっていただくものなど、原因と解消方法を明確にし、ご提案いたします。

今後同じ様な症状を再発させないためにその原因を追求することがたいせつです。また、ご自身の現状を正確に把握しておく必要があります。マリン歯科では、下記のように2日間にわたり精密検査を行っていきます。このような検査をすることであなたのお口のトラブルの原因を追求することができるのです。
(※EX=Examination)

口腔内写真撮影
現在と今度の歯の色の変化などを見ます。
レントゲン
表面的には見えない歯の根や骨の状態を確認します。
スタモ(歯の模型)
歯の模型を使用し、噛み合わせのチェックなど立体的に診断します。
悪化原因究明検査
お口の中に悪影響を及ぼしている原因を突き止めます。
唾液検査
4種類の検査でムシ歯の危険がわかります。
歯周病ポケット検査
歯周病の進行状態を調べます。
1日目の検査結果
検査結果について、患者様自身にもしっかりご理解いただけるように丁寧に説明いたします。
噛み合わせのチェック
噛み合わせの状態をしっかりと確認します。
今後の治療計画
患者様と相談をしながら診療計画を立てていきます。
● 総額
EX(2回) 保険+12,500円
●御請求方法
1日目:12,500円
2日目:2,500円~3,000円(※保険点数に準じる)

唾液検査って何?

ムシ歯の原因は歯磨きや食べ物のせいだけではありません。お口の中のムシ歯菌の量や唾液の量、飲食の回数などもムシ歯の原因となります。人間の唾液にはいろいろな情報が眠っています。唾液検査では、唾液を調べる事によって本当のムシ歯のリスクを発見することができます。人それぞれ違う「ムシ歯になるリスク」をあらかじめ知っておく事で、ムシ歯予防の役に立てます。

唾液の量が多いほど、菌の酸を中和して防御します。食後の歯が溶けやすい環境からどれくらい早く通常の状態に戻るのかがわかります。唾液量の計測は、唾液の機能全体を通しての有効な情報源となります。

(計測時間5分)

主なムシ歯原因菌として認知され、ムシ歯の発生の最大のバロメーターとなります。また菌の感染性についても、1~3歳の間に母親から感染することが広く知られています。

(計測時間2日間:48時間培養)

主なムシ歯原因菌として認知され、ムシ歯進行の最大のバロメーターとなります。別名甘い物好き菌と言われています。

(計測時間4日間:96時間培養)

ラクトバチラス菌の特徴
  • 強い酸を作る
  • つるつるな面では生活ができない
  • 歯ブラシをきちんとやること、適正な詰め物をするとほぼゼロにすることが出来る。

唾液緩衝能検査

唾液は、酸性に傾いた虫歯になりやすい環境、バランスが保たれた虫歯になりにくい環境と個人差が出てきます。唾液中のバランスを保つ能力を「緩衝能」といい、緩衝能の低い人ほど口腔内の成分は酸性に傾き、ムシ歯にもなりやすく、飲食物の残渣が口腔内に残ってしまうとしばらくして口臭を引き起こしやすくなります。
だからといい、食後に歯を磨きすぎ、うがいをしすぎる場合も、豊かにあった唾液を喪失してしまい口腔内の緩衝能力が低下する原因につながってしまいます。 当院では予防の一環として、唾液緩衝能検査を受けて頂くことをお勧めしております。自分の唾液の能力を知って頂き、正しい予防方法・ケアを身につけましょう。

EX終了後の患者様インタビューのご紹介

コーディネート
検査
予防
技術
維持・管理
概要と流れはこちら
ページの先頭へ