マリン歯科は横須賀市久里浜の歯医者さん。インプラント・歯周病治療など。

046-833-3838
歯周病治療センター横須賀|久里浜・マリン歯科監修

診療について

スリランカ・スタディ・ツアー

絆ジャパンの笠原代表の計らいにより、大好き日本お助け歯隊の活動の一つとしてスリランカ・スタディ・ツアーに行ってきました。

活動の詳細はこちら

Dr.マッキーのボランティア奮闘記

2011年3月11日の東北大震災を目の当たりにし、ボランティアチーム・大好き日本お助け歯隊を作り活動を続けています。

活動記録の詳細はこちら
初診の方へ
久里浜地域密着情報
スタッフ募集
セミナー・講演活動
国民保険制度と歯科医療について
マリン歯科クレド
患者様アンケート
アンケート回答
マリン歯科携帯サイト

予防歯科

ホーム > 予防歯科

現代社会は美味しい食事を楽しむことが出来ます。しかし、歯にベトつきやすい食物が多くなっているのも事実です。ご自身のお手入れで全てお口の管理をしていくのは困難なうえに、お口の初期のトラブルには気づかないことがほとんどです。そこで、今大切だと言われている予防歯科。
でも、定期的に歯科医院に行くのはちょっと面倒くさいし、歯科医院の雰囲気も落ち着けるところじゃないからなぁ。そう思われた方こそ、マリン歯科の予防歯科にお越しいただきたいのです。個室でゆったりと心癒されるクリーニング、ムシ歯・歯周病を防ぐトリートメントを行います。口臭がお悩みの方も口腔内のケア次第で変わっていきますよ。マリン歯科でお口の健康を取り入れてみませんか。

メンテナンス

メンテナンスは、ムシ歯・歯周病予防のため3~4ヶ月ごとに受けていただくのが理想的です。口内環境というのは、変化が激しくなかなかご自身だけで確認し、健康な状態を常に保つことは難しいものです。 一生涯にわたって、ご自身の歯を維持するには、「予防する」という患者様の意識と、定期検診をおこなうことがとても大切です。メンテナンスでは以下のようなことをおこない、効果的にムシ歯・歯周病を予防しています。

虫歯・歯周病チェック

定期的にチェックを行うことで、ムシ歯や歯周病の早期発見ができ、初期の段階で治療を開始することが出来ます。 その場合簡単な治療だけで済むことがほとんどで、周りの歯にも負担をかけません。

予防処置

歯磨きを丁寧に行っていても、どうしても磨き残しは出てしまうものです。 そのため歯と歯肉の間のみぞ(歯周ポケット)まで磨ける特殊な器具で、クリーニング・P.M.T.Cやフッ素塗布などを定期的に行って予防することも大切です。

ブラッシング指導

歯磨きは、ご自宅で毎日行える重要な予防法です。正しい歯磨きを身につけることは、歯を病気から守るために必要不可欠です。そのため、磨き癖などできちんと磨けていない部分を確認し、正しいブラッシングを指導します。

P.M.T.Cについて

マリン歯科P.M.T.Cの流れ

P.M.T.C(Pprofessional Mechanical Tooth Cleaning)とは、日常の歯磨きでは取り切れない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根を歯科医院で専用機器を使用しキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。
歯石を取るような治療ではなくあくまで心地よいと感じる範囲の刺激で行いますので、リラックスして治療を受けていただけます。また、毎日知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分の清掃も一緒に行い、ムシ歯・歯周病予防にも効果的なため、定期的に行うことをオススメしています。 またPMTCは「歯のエステ」とも呼ばれており、タバコのヤニや茶渋などの沈着物を取り除き、光沢のある本来の歯面に導きます。 ご興味のある方は、ぜひご相談ください。

自宅でできる予防ケア

どんなに予防歯科に通っていても、基本はあくまでご自宅でのケアにあるため、患者の皆さんの努力も必要になります。
毎日のケアによって、ムシ歯や歯周病の原因となるプラークを取り除き、健康的な口腔を保つことができるのです。とくに小さいお子様には、大人が一緒になって毎日のケアを習慣づけてあげることが大切です。是非、簡単なケアから初めていきましょう。

8020運動

8020運動達成者の割合の変化 8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動とは、80歳になっても自分の歯を、20本以上保とうという運動です。
平成元年、厚生省(現・厚生労働省)と 日本歯科医師会が提唱し、 自治体、各種団体、企業、そして広く国民に呼びかけてきました。
人間には、智歯(親知らず)を除くと28本の歯があります。このうち、少なくとも20本以上自分の歯があれば、硬い食品でもほぼ満足に噛み砕くことが出来ると言われております。 自分の歯で美味しく食事を楽しめるということは、とても幸せなことです。
ご自分の歯で食べる楽しみを守るためにも、定期的に歯科医院でチェックを受けることが必要となってきます。
当院では、1本でも多くの歯を健康に保ち、よりたくさんの方が笑顔があふれた生活を送れるよう日々努力しております。

Drマッキーの一言 No2

一時、多くの生存未確認の高齢者の存在に長寿国の化けの皮がはがされたと韓国で報道がありはしましたが、それでも世界長寿番付・男性五位、女性一位が大きく崩れることはないでしょう。であれば、必死にこの混沌した世を生き抜いたあとの人生後期をどう過ごしていくかは、まさしく最大のテーマではかないでしょうか?

80歳で20本以上の歯を持とうという8020運動がありますが、ここに興味深いデータがありました。それは65歳以上の方を対象にし、「生活の上で何をしているときが一番楽しく感じますか」という問いかけに20本以上の歯を残している方のトップが家族や友人との会話、続いて夕食だそうです。それに対し20本以下の方の一番がテレビです。二番目は個人的趣味。ちなみに20本以上の歯を有する方のテレビの順位は五位でした。

これってどんな意味を伝えてくれていますかねえ。私は、歯を多く残していくことがそのかたの後半の人生に素晴らしい人間関係を築いていく必須条件のひとつとしての位置決めと解釈しました。孤独感からの回避の意味合いです。コミュニケーションは人生をどれほど豊かにしてくれるでしょうか?
その道のガイドとしてマリン歯科はあるのです。Dr.Mackey

ページの先頭へ