マリン歯科は横須賀市久里浜の歯医者さん。インプラント・歯周病治療など。

046-833-3838
歯周病治療センター横須賀|久里浜・マリン歯科監修

診療について

スリランカ・スタディ・ツアー

絆ジャパンの笠原代表の計らいにより、大好き日本お助け歯隊の活動の一つとしてスリランカ・スタディ・ツアーに行ってきました。

活動の詳細はこちら

Dr.マッキーのボランティア奮闘記

2011年3月11日の東北大震災を目の当たりにし、ボランティアチーム・大好き日本お助け歯隊を作り活動を続けています。

活動記録の詳細はこちら
初診の方へ
久里浜地域密着情報
スタッフ募集
セミナー・講演活動
国民保険制度と歯科医療について
マリン歯科クレド
患者様アンケート
アンケート回答
マリン歯科携帯サイト

噛み合わせ治療

ホーム > 噛み合わせ治療

歯の噛み合わせは、全身の骨や筋肉と密接な関係があると言われております。そのため、噛み合わせに異常があれば、体全身にも影響を及ぼします。 当院では、あなたの理想的な噛み合わせ位置を見つけ出します。

噛み合わせについて

噛み合わせ治療とは、単に綺麗な歯並びにすることが目的ではなく、「どんな噛み方をしても歯槽骨に負担がかからない状態」を追求する治療です。噛み合わせは、噛み癖や寝る時の姿勢、枕の高さや形などの日々の生活習慣でズレが生じる可能性があります。このズレは、全身の健康状態を左右します。代表的な症状としては、肩こりがあげられます。その他にも、首筋のコリや痛み、腕の痛み・頭痛・腰痛などを伴うケースもあります。また噛み合わせのズレにより噛む力が低下してしまうため、消化吸収能力が減少し、胃や消化器官が本来の活動以上に働かなくてはならず、負担をかけてしまうこともあります。

 

さらに、噛み合わせの悪さは高血圧を招く可能性もあるのです。首の内部は食道が通っており、重い頭を支えている骨、筋肉も存在し、ひしめき合っています。その首筋の筋肉がこってしまうと硬くなります。筋肉内にはたくさんの血管が走っていますが、O2消費量の多い頭には血液の流れでO2を補給します。そしてその筋肉内には頭部へ血液を送る血管が存在しているのです。思考をする脳はO2消費が高く、必然的に血液輸送量も多くなります。首筋の筋肉が噛み合わせ不正によりこり、硬くなると血管の拍動に連動する動きが制御されます。そして、それを補うため心臓から血液を送り出す圧を高めなくてはならなくなり、結果として高血圧になるのです。他に噛み合わせ治療で尿酸値が正常範囲になったり、女性でひどい生理通が緩和されたりするケースがあります。しかし、これらの症状全てが噛み合わせが原因であるというわけではないので他科の受診が必要な場合もあります。

「歯並びが悪い=噛み合わせが悪い」のではありません。バイラテラル法を中心としたドーソンテクニックの噛み合わせ診療を受けてみましょう。歯並びがきれいな方に思わぬ噛み合わせ不正が見つかることもあります。偏頭痛、肩こり、首筋のこり、背筋痛、高血圧、生理通で悩まれている方は一考の余地があるかもしれません。噛み合わせのズレを起こしている部分の削合や被せ物の交換や修正またはマウスピース、場合によっては矯正が必要な場合もあります。当院ではしっかり説明したうえで、Dr.マッキーのPMS調整Dr.岡崎の筒井式調整法Dr.理代のドーソン法調整と多方面から分析できますので、最適な治療方法で臨む事ができます。ただし保険がほとんど利かない範囲となります。噛み合わせでお悩みをお持ちの方は、是非お気軽にご相談ください。じっくりと検査・カウンセリングをおこない、患者様とご相談しながら治療を進めていきます。

【治療費】

検査 15分:2,000円 30分:4,000円
削合調整治療

15分:5,000円 30分:8,000円 60分:15,000円

※被せ物、マウスピース等は別途かかります。

噛み合わせがズレる原因

噛み合わせがズレる原因は様々ですが、比較的多い原因として、「誤った食生活」・「抜けた歯の放置」・「過度のストレス」の3つが上げられます。

1.誤った食生活

柔らかいものばかりを好んで食べていると顎が十分に発達しないため特に奥の方が狭くなり、ズレが生じやすくなります。

2.抜けた歯の放置

抜けた歯をそのままにしておくと、両隣の歯は支えを失って抜けた側に傾いてしまいます。

3.過度のストレス

脳はストレスを受けると歯に伝達をし、噛み締めや歯ぎしりを起します。それが歯に負担をかけズレの原因に繋がります。

不正咬合のタイプ

噛み合わせが悪いといっても、歯の形は人それぞれで悩みも異なります。 下記では、その中でも不正咬合の一般的な5つのタイプをご紹介します。

叢生(乱杭歯、八重歯)

叢生とは、八重歯のような歯がでこぼこした歯並びのことをいいます。八重歯は犬歯が飛び出しているもので、日本人に多いケースです。原因は、歯の大きさや数に対して顎の骨が小さく、歯が並ぶスペースが足りなくなり、列からずれやすくなることです。食事の内容が柔らかいものが多くなってきたことで、顎が成長しにくくなったことも関係していると言われています。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突とは、上顎が下顎よりも前に出ている歯並びのことで「出っ歯」を指します。 叢生と同じく、日本人の非常に多く見られるケースです。上顎前突の原因は、遺伝的要因もありますが、正しい鼻呼吸ができていなかったり、舌の動きにクセがあることが多いです。唇が閉じにくく、歯肉が乾燥して湿り気がないことから、歯周病の原因にも繋がります。

下顎前突(受け口、反対咬合)

下顎前突とは、下顎が上顎よりも前に出ている歯並びのことで「受け口」のことを指します。 原因は遺伝的要因が多く、治療法としては下顎を前に出すクセを直したり、矯正で歯の角度を正常に戻しますが、最悪の場合、歯を抜いての矯正や、外科矯正が必要となることもあります。

開咬

開咬とは、奥歯は噛んでも前歯が噛み合わずに、上下の歯の間が開いてしまう状態のことを指します。歯列自体はきれいなことも多く気が付かれにくいですが、正しい発音がしにくかったり、食事で前歯で噛み切れないなどの問題から、意外に多い症例です。開咬の原因は、骨格によるものが多いですが、上顎前突と同じく、舌の動きのクセも関係しています。

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列とは、歯と歯の間に隙間が開いている歯並びのことで「すきっ歯」のことを指します。 空隙歯列の原因は、顎の大きさや歯の数、舌で前歯を押すなどがあります。 幼少期は問題ではなく、むしろ乳歯よりも大きい永久歯が生えてきたときに、その隙間によってきれいな歯並びができることもあります。 ですが、隙間に息が常に抜けるような状態の場合には、聞きとりにくい不明瞭な発音の原因となります。

ページの先頭へ